大湫白山神社のお葉つきイチョウ(おおくてはくさんじんじゃのおはつきいちょう)

ページ番号1007623  更新日 令和4年5月10日

印刷大きな文字で印刷

写真:お葉つきイチョウ1

写真:お葉つきイチョウ2

イチョウはイチョウ目イチョウ科イチョウ属に属する、雌木・雄木異株の植物です。イチョウ科の植物は中生代には世界各地で繫栄しましたが、イチョウは唯一現存する種で、生きた化石として知られています。日本各地に生育し、雌木は秋に種子(ぎんなん)を付けますが、ごく一部の個体に、葉の上にぎんなんが付いた「葉つきぎんなん」を付けるものがあり、このイチョウは「お葉つきイチョウ」と呼ばれています。
一部の個体にのみ葉つきぎんなんが付く原因は不明ですが、生育する環境または遺伝子の差に起因するものと考えられており、全国でも30例程度の個体が文化財に指定されています。
大湫白山神社のお葉つきイチョウは雌木で、現在市内で確認されている唯一のお葉つきイチョウです。樹齢は200年程度とみられ、目通りの幹周りは約4.4メートル、高さ約37メートルとみられます。主として幹の北側の枝に通常のぎんなん、南側の枝に葉つきぎんなんを付け、葉つきぎんなんの割合は全体の一割程度を占めています。
享和2年(1802年)に当時の住民が白山神社に奉納(植樹)したものと伝えられ、推定される樹齢と大きな差は認められないことから、その蓋然性は高いものとみられています。また、イチョウは火に強い性質があることから、神社や宿場の防火(類焼防止)、食料の確保を意図して奉納されたものと推定されます。

指定番号
瑞天第20号
指定年月日
平成31年3月22日
指定の別
市指定文化財
種別
記念物
類別
天然記念物
時代・年代
なし
員数他
1本
所在地
瑞浪市大湫町410 白山神社
所有者・管理者または技術保持者
白山神社

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 スポーツ文化課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

文化振興係 化石博物館 電話:0572-68-7710
文化振興係 市之瀬廣太記念美術館 電話:0572-68-9400
文化振興係 陶磁資料館 電話:0572-67-2506
文化振興係 自然ふれあい館 電話:0572-63-0015
スポーツ推進係 市民体育館 電話:0572-68-0747