野生イノシシへの経口ワクチンの散布

ページ番号1002611  更新日 令和2年5月29日

印刷大きな文字で印刷

野生イノシシへの経口ワクチン野外散布を行っています

2019年3月25日からCSF(豚熱)の対策として野生イノシシへの経口ワクチンの野外散布を行っています。詳しくは岐阜県からのお知らせをご覧ください。

経口ワクチンとCSF(豚熱)について

  • 経口ワクチンは、食品安全委員会で安全と評価されている成分や食品からできています。
  • 経口ワクチンは、野生イノシシが生息する山中などの土中に埋められます。
  • 散布地域で捕獲されたイノシシの肉は、すべて検査されるため、市場には流通しません。
  • もし仮に、CSF(豚熱)に感染したイノシシ肉を食べてしまったとしても、CSF(豚熱)は人には感染しないため、人体に影響はありません。

関連記事

このページに関するお問い合わせ

経済部 農林課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

農業政策係 電話:0572-68-9800
農地森林整備係 電話:0572-68-9802