令和2年度行事予定

ページ番号1002317  更新日 令和2年4月10日

印刷大きな文字で印刷

令和2年度 展覧会

(名称・期間は変更する場合があります)

特別展 美濃源氏 土岐一族の時代

ポスター:特別展 美濃源氏 土岐一族の時代

会期
3月29日(日曜日)から5月24日(日曜日)

瑞浪市は美濃源氏、土岐一族発祥の地と言われ、市内には土岐一族ゆかりの文物や史跡などが多く残されています。本展では土岐一族にゆかりのある文物や考古資料を展示し、その歴史や魅力をご紹介します。

企画展 中山道界隈のやきもの

会期
6月6日(土曜日)から8月9日(日曜日)

瑞浪市の北部には江戸時代の五街道のひとつである中山道が通じ、細久手宿、大湫宿というふたつの宿場が設置されました。
本展は、瑞浪市内の中山道の一部が国史跡に指定されたことを記念して開催するもので、両宿場に伝わる様々なやきものを展示し、中山道や宿場の歴史などをご紹介します。

特別展 煌めきの洋食器 山五陶業とGolden State porcelain

会期
9月12日(土曜日)から12月13日(月曜日)

山五陶業は、明治5年に瑞浪市陶町で開業した陶磁器メーカーで、戦後には日本を代表する洋食器メーカーとして知られるようになりました。また、1990年代初頭にはアメリカに絵付け会社であるGolden State Porcelainを設立し、世界の名だたるメーカー、ブランドの製品生産しました。
本展では、アメリカで生産された洋食器を一堂に展示し、東濃地方における洋食器生産や山五陶業の歴史、また技術などご紹介します。。

企画展 趣向の器 のぞき

会期
1月16日(土曜日)から2月14日(月曜日)

のぞきは、本来は深い形の向付で、中の料理を覗き見ることからこの名がつけられました。次第に小振りとなり、江戸時代末期以降は猪口に似た小振りな器となって醤油入れなどとして用いられました。
本展では、のぞきのコレクターである糸魚川氏から寄贈を受けた製品を展示し、その歴史や魅力についてご紹介します。

企画展 友の会作品展

会期
2月28日(日曜日)から3月28日(日曜日)

当館友の会会員の皆さまが制作された食器、花器、オブジェなどの作品を展示します。

体験教室

(名称・内容は変更する場合があります)

令和2年

名称・内容 開催日 講師
やきもの風鈴絵付け 6月14日(日曜日) 当館職員
勾玉づくり 8月2日(日曜日) 当館職員
マグカップ・プチオカリナ絵付け 8月8日(土曜日)、9日(日曜日) 当館職員
くる年の干支づくり「丑」 10月18日(日曜日)

村瀬 昌平さん

 令和3年

名称・内容 開催日 講師
ひな人形づくり 1月17日(日曜日) 小栗 寿賀子さん
表札・ドアプレートづくり 3月21日(日曜日) 辻井 武蔵さん

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 スポーツ文化課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

文化振興係 化石博物館 電話:0572-68-7710
文化振興係 市之瀬廣太記念美術館 電話:0572-68-9400
文化振興係 地球回廊 電話:0572-68-9950
文化振興係 陶磁資料館 電話:0572-67-2506
文化振興係 自然ふれあい館 電話:0572-63-0015
スポーツ推進係 市民体育館 電話:0572-68-0747