避難所における新型コロナウイルス感染症対策

ページ番号1005632  更新日 令和2年6月4日

印刷大きな文字で印刷

避難所における新型コロナウイルス感染症対策

災害が発生するおそれがある場合には、避難所への早期避難が必要です。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、災害による断水で手洗いができないことや、災害規模によっては、密集した避難生活などにより、感染症のリスクが高まります。
市では、避難所において、密閉・密集・密接の回避、人との距離の確保や、こまめな換気など新型コロナウイルス感染症対策を行います。

市民の皆さんは、普段の生活の中で一人ひとりができる「自助」の備えをしてください。

市民の皆さんが準備すること

  1. ハザードマップなどを活用し、自宅や勤務先周辺の災害の危険性を確認
  2. 自宅で居住が継続できる場合は、「自宅避難」の検討
  3. 親戚や友人宅などの「避難所以外への避難」の検討
  4. 避難所での受付時に必要な「避難者カード」を記入
  5. 記入した「避難者カード」と「健康状態チェックカード」をすぐに持ち出せる場所に保管
  6. 体温計、マスク、石けんなど「非常用持出品」の確認と用意

非常用持出品の例

体温計
マスク
石けん
消毒薬
除菌シート
ビニール手袋
常備薬・持病の薬
サプリメントなど
飲食料
タオル
衣類
スリッパ など

その他必要となる非常用持出品も確認してください。

避難する際に行うこと

  1. 「健康状態チェックカード」を記入し、事前に記入していた「避難者カード」とともに持参する
  2. マスクを着用し、非常用持出品を持参する

様式

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 生活安全課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

防災安全推進係 電話:0572-68-9736 電話:0572-68‐9895
人権啓発係 電話:0572-68-9748