わが家の安全対策

ページ番号1003372  更新日 令和2年2月17日

印刷大きな文字で印刷

家庭内での安全点検

普段生活している家のまわりは安全ですか?
まず身近の安全を確かめましょう。

家庭内の防災会議

災害は家族がいっしょの時に起きるとは限りません。
また、電話も不通になり、連絡がとれなくなるおそれがあります。
警戒宣言が発令されたときや、地震が発生したときの家族の役割分担、
家族の行動予定や離ればなれになった
場合の避難場所、家族が落ち合う場所などを話し合っておきましょう。

電気・ガス・火もとの確認

災害が起きたとき、まず点検すべき箇所の確認をしておきましょう。
対震安全装置付石油ストーブでも転倒による火災の原因となります。

子どもやお年寄りへの思いやり

幼い子どもやお年寄り、成人の安全対策を確認しておきましょう。
日頃からご近所のお年寄りと連絡を密にしておきましょう。

地域と連携

災害が起きたときのことについて、ふだんからご近所と
話し合ったり、自主防災会の活動に参加しましょう。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部 生活安全課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

防災安全推進係 電話:0572-68-9736 電話:0572-68‐9895
人権啓発係 電話:0572-68-9748