未来と自然プロジェクト研究

ページ番号1009961  更新日 令和6年7月17日

印刷大きな文字で印刷

 このプロジェクト研究では、10名の参加者が、事業構想大学院大学の講師によるノウハウの詰まった全19回のカリキュラムを受講し、令和7年1月には、瑞浪市の発展、課題解決につながる事業構想を1人1つ創り上げます。

title

未来と自然プロジェクト研究 開始

第1回

講義内容

 オリエンテーション
 事業構想概論
 問題の捉え方と課題抽出へのアプローチ

担当講師より、事業構想大学院大学の研究生の証である任命証が手渡されました。
顔合わせとなる第1回は、自己紹介に始まり、このプロジェクトに携わる想いをそれぞれが語りました。

1_project

第2回

講義内容

 地方創生に関する講義
 瑞浪市役所からの市の現状プレゼンテーション
 市役所職員に対する現状への質疑応答

人口、経済の2面から地方創生の考え方について学び、国の施策の方向性やRESAS(地域経済分析システム)を活用したデータの取得、分析など今後の課題分析の基礎となる知識を習得しました。また、瑞浪市からは担当職員より第7次瑞浪市総合計画の概要を説明しました。総合計画の策定にあたっての市民意見の聴取結果や、そこから見出した課題を踏まえた説明をし、参加者との意見交換を行いました。

第2回

未来と自然プロジェクト研究 参加者を募集します

募集は6月2日をもって終了いたしました。

4月19日、瑞浪市は、日本ガイシ株式会社、学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学と地方創生の推進に関する包括連携協定を締結しました。今後は3者の連携により、地域課題の解決に向けた取り組みを行います。その一環として、日本ガイシ株式会社からの企業版ふるさと納税による寄附を活用し、事業構想大学院大学のノウハウが詰まったカリキュラムを受講しながら、参加者各々が新規事業の構想計画を策定する新たなプロジェクトを開始します。「瑞浪市をより良くしたい」という熱意ある方のご応募をお待ちしております。

参加者募集 説明会

  • 5月13日(月曜日)午後6時〜午後7時(Mビル JR瑞浪駅前)
  • 5月15日(水曜日)午後1時〜午後2時(オンライン)
  • 5月17日(金曜日)午後6時〜午後7時(オンライン)

プログラム概要や修了生の実績等についての説明会を実施します。教員による講義が体験できるようなパートもございますので、ぜひご参加ください。

未来と自然プロジェクト研究の実施に向けて

地方創生の推進に関する包括連携協定の締結

協定締結式
未来と自然プロジェクト研究の実施にあたり、瑞浪市と日本ガイシ株式会社、学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学の3者にて、「地方創生の推進に関する包括連携協定」を締結しました。

企業版ふるさと納税による寄付

寄付贈呈式
日本ガイシ株式会社様より、企業版ふるさと納税制度を活用して2千万円の寄付をいただきました。この寄付金は、本研究事業に活用されます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

みずなみ未来部 企画政策課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

企画政策係 電話:0572-68-9740
デジタル推進係 電話:0572-68-9735