瑞浪市窯業技術研究所の概要

ページ番号1002632  更新日 令和2年2月17日

印刷大きな文字で印刷

瑞浪市窯業技術研究所は地場産業である陶磁器産業の支援、発展を目的に設立され、
陶磁器に関する様々な研究開発と企業支援を行う、公設試験研究機関です。

沿革

写真:瑞浪市窯業技術研究所

昭和44年 瑞浪市役所商工課内に市内9陶磁器関係団体の要望により窯業技術指導所を設立
昭和52年 瑞浪市窯業技術指導所として独立し、旧市庁舎へ移転
昭和59年 瑞浪市上平町5丁目5番地の1へ新設移転
昭和60年 瑞浪市窯業技術研究所に改称
平成2年 瑞浪市産業振興センターへ併設移転

業務内容

研究開発業務

  • 陶磁器の新しい製造技術や加飾技術の研究開発
  • 機能性のある陶磁器の新素材の研究開発
  • 窯業技術を生かした新分野の研究開発
  • 企業との共同研究開発

試験業務

  • 企業等からの依頼による各種陶磁器製品試験を実施
    陶磁器原料の分析、陶磁器製品の鉛・カドミウム溶出試験、衝撃強度試験、スポーリング試験など

技術支援業務

  • 3次元CADや切削加工機を使用した、製品の試作
  • ロクロ成形や絵付けなどによる製品見本の試作や商品開発支援
  • 陶磁器産業を担う企業技術者または、陶磁器産業への従事を目的とする研究生の人材育成
  • 陶磁器の伝統技術の後継者育成を目的とした技術講座の開講

写真:講座1

写真:講座4

情報収集業務

  • 陶磁器に関する情報収集と提供
  • 各種技術相談

地域活動支援業務

  • 各地区の公民館や登り窯などで行われる作陶体験や講座などの活動支援

写真:灯篭講座

写真:活動1


写真:講座2

児童・生徒食器デザイン展開催事業

食器のデザインを市内の小中学生を対象に募集し、入賞・入選作品を展示。
地場産業の陶磁器に親しみや関心を持ってもらうために毎年開催。
優秀作品から選ばれたデザインが市内小中学校の給食食器に採用されている。

写真:食器1

写真:食器2


写真:食器3

施設案内

写真:試験検査室
試験検査室(1階)
写真:デザイン開発室
デザイン開発室(2階)
写真:資料室
資料室(2階)

写真:原型成型室
原型成型室(作業棟)

このページに関するお問い合わせ

経済部 窯業技術研究所
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

管理係 電話:0572-67-2427
技術開発係 電話:0572-67-2427