母子家庭等及び父子家庭の医療費の助成

ページ番号1002059  更新日 令和2年7月14日

印刷大きな文字で印刷

事務・手続名

母子家庭等及び父子家庭の医療費の助成

概要

18歳未満の児童を扶養している母子家庭の母又は父子家庭の父と18歳未満の児童、父母のいない18歳未満の児童に、保険診療による医療費の自己負担額(高額療養費を除く)を助成します。
(注)児童の年齢が18歳到達後の最初の3月31日まで
岐阜県内の医療機関で受診するときは、受給者証を健康保険証と一緒に医療機関の窓口へ受給者証を提示すると、保険診療による医療費の自己負担額が窓口で無料となります。ただし、入院時食事療養費に係る食事療養標準負担額は助成対象外です。助成を受けるためには、受給者証の交付申請が必要です。

手続きに必要なもの

福祉医療費受給者証の交付申請

  • 健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使用するタイプのもの)
  • 個人番号カード又は個人番号通知書

戸籍謄本が必要な場合があります。
転入の方(本人、扶養義務者)は前住所地の所得課税証明書(控除額や扶養人数がわかるもの)が必要です。

福祉医療費支給申請(県外受診等)

  • 医療費領収書等
  • 福祉医療費受給者証
  • 健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使用するタイプのもの)
  • 預金通帳
  • 個人番号カード又は個人番号通知書

更新手続き

受給資格のある方は、隔年9月に更新手続きが必要です。
(手続きをされないと引き続き医療費の助成が受けられません。)

書式

担当窓口情報

担当部課名
民生部保険年金課 福祉医療年金係
電話番号
0572-68-2111(内線113)
直通電話
0572-68-2119

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

民生部 保険年金課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

国保係 電話:0572-68-2118
福祉医療年金係 電話:0572-68-2119 電話:0572-68-2110