瑞浪市化石博物館

ページ番号1001184 

印刷大きな文字で印刷

瑞浪市化石博物館は、1974年に開館した全国でも珍しい化石専門の博物館です。

岐阜県瑞浪市とその周辺には、今から2000万~1500万年前の新生代中新世(しんせいだいちゅうしんせい)(Miocene(マイオシーン))の湖や海でできた地層が広く分布しています。この地層は瑞浪層群と呼ばれ、当時生息していた貝・魚・ほ乳類・植物などおよそ1500種類におよぶ化石が産出します。

化石博物館では、中央自動車道工事の際に採集された化石や市内各所から採集された化石をはじめ、25万点以上もの化石を収蔵、保管し、常設展示室では約3000点の化石を展示しています。これらの化石たちは、瑞浪が湖や海だった頃の様子を私たちに教えてくれます。

写真:博物館外観

写真:展示室の化石

写真:展示室の内観

写真:化石を採掘する親子

お知らせ

  1. みずなみ化石教室の申し込み開始は開催日の約1か月前です。団体での受付けは行っていません。
  2. みずなみ化石教室4月19日開催分は中止いたします。
  3. みずなみ化石教室の申し込みはメールまたはファクスのみ受け付けます。メールアドレスは、mfmevent星city.mizunami.lg.jp(送信時に星を@に変えてください)です。

【重要】野外学習地のご利用について

野外学習地での化石採集体験は、「講座」以外の日であっても、どなたでも利用可能です(ただし休館日、天候不順の場合を除く)。利用される場合は、化石博物館受付で立入届の記入をお願いいたします。家族の学習の場であり、化石収集の場ではありません。最近過度に採集する方が多くみられます。何度も採集に立ち入る方には許可出さないことがありますのでご注意ください。

化石博物館も登場する東美濃PR動画を公開中

瑞浪市を含む東美濃地域をPRする動画をyoutubeで公開中です。
化石博物館も登場します。ぜひご覧ください。

新着情報

2020年3月19日
2020年度のみずなみ化石教室、各種イベントの情報を更新しました。メニューバーの「博物館のイベント・教室」をご覧ください。
2020年3月18日
瑞浪市化石博物館研究報告第46号を公開開始しました。各論文は、瑞浪市化石博物館研究報告第46号(英語版)のページでご覧いただけます。

メニュー

上級者向きコンテンツ

データベース

出版物

化石博物館では、毎年古生物の分類や古環境に関する論文集を出版しています。

English

所在地・交通アクセス

地図:瑞浪駅や瑞浪インターからの案内

〒509-6132 瑞浪市明世町山野内1-47
電話:0572-68-7710
ファクス:0572-66-1122
開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
メール:sportsbunka@city.mizunami.lg.jp

公共交通機関の場合
JR中央線瑞浪駅下車 徒歩 30分 タクシー 5分

お車の場合
中央自動車道 瑞浪インターより 3分