コロナ禍でフェイスシールドの寄贈(12月1日)

ページ番号1006219  更新日 令和3年1月22日

印刷大きな文字で印刷

東山フイルム株式会社より、新型コロナウイルス感染症対策として、フェイスシールド1000枚が寄贈されました。寄贈されたフェイスシールドは同社で加工したフィルムが使われており、市内の小・中学校で活用されます。
同社製造部の中島啓雅部長は、「瑞浪市に工場を建てて13年になるが、これからも瑞浪市とともに発展していきたいと思う。新型コロナウイルス感染防止にフェイスシールドを役立ててほしい」と述べました。

写真:中島さんが市長にフェイスシールドを手渡す様子

写真:教育長、市長、中島さんの記念写真

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画政策課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

企画政策係 電話:0572-68-9740
情報ネットワーク係 電話:0572-68-9735
広聴広報係 電話:0572-68-9735