マスク等の捨て方について(新型コロナウイルス対策)

ページ番号1005664  更新日 令和2年6月17日

印刷大きな文字で印刷

発熱などの風邪の症状がみられる方が使用したマスクやティッシュなどにも、ウイルスが付着している可能性があります。ご家族の方や地域の方などへのウイルス感染を防ぐだけでなく、市民の皆様が出したごみを取り扱う収集員の安全を確保するためにも、使用済みのマスクやティッシュなどのごみを捨てる際には「マスクやティッシュなどの適正な捨て方」に沿って捨てていただきますよう、ご協力をお願いします。

マスクやティッシュなどの適正な捨て方

  1. 使用したマスクは、マスクの表面を直接手で触れないようにゴムひも部分を持ってマスクを外しましょう
  2. 外したマスクを自身や他人が直接触れないように、ビニール袋などに入れ、口を堅く縛りましょう
  3. ビニール袋などに入れたマスクは、瑞浪市指定の家庭用可燃ごみ袋に入れましょう
  4. 各地域の可燃ごみ収集日の午前8時30分までに、ごみ集積場所にごみ袋を出しましょう
  5. カラスや猫などにごみが荒らされて使用済みマスクが外に散乱しないように、カラス除けネットなどを活用しましょう
  6. ごみに触れた後は、必ず石けんなどを使って流水で手を洗い、その後、アルコール消毒液で消毒しましょう

このページに関するお問い合わせ

経済部 クリーンセンター
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

業務係 電話:0572-68-6010