大湫町のシンボルを子どもたちの心に

ページ番号1005989  更新日 令和2年10月18日

印刷大きな文字で印刷

令和2年7月豪雨で倒れた大湫神明神社の大杉を子どもたちに伝えるための見学会が開催され、親子連れ約60人が参加しました。
子どもたちは、グリーンドクターの資格を持つ大湫町在住の三戸憲和さんの案内で倒れた大杉を見学した後、枝の皮むき体験や幹の年輪の観察を行い、大杉の思い出を心に刻んでいました。

写真:倒れた大杉を多くの子どもたちが見学している様子

写真:子どもが大杉のうろ穴に手を入れている様子

写真:親子が大杉の枝の皮むきをしている様子

写真:子どもが大杉の幹の年輪を数えている様子

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画政策課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

企画政策係 電話:0572-68-9740
情報ネットワーク係 電話:0572-68-9735
広聴広報係 電話:0572-68-9735