年末年始における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について

ページ番号1006153  更新日 令和2年12月18日

印刷大きな文字で印刷

年末年始における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について

岐阜県において、県内では経験したことのない感染拡大に直面し、「今、感染を止めないと、医療体制ひっ迫の危機にある」との状況から、「年末年始」集中緊急対策を発表しました。この集中緊急対策では、一部の地域の「酒類の提供を行う飲食店」に営業時間短縮の要請も発出され、本市も対象地域に追加されました。
市内の事業者様におかれましては、改めて以下の事項に留意の上、年末年始おける新型コロナウイルス感染症対策の徹底をお願いいたします。

1.新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインの徹底

2.利用者に対する注意喚起など

3.岐阜県感染警戒QRシステムの活用

その他

「ビジサポメール」は、新型コロナウイルス感染症関係に関わらず、新しい制度のご案内など役立つ情報をお送りしていきます。お知り合いの事業者様へ「ビジサポメール」のご紹介をお願いします。

酒類の提供する飲食店に対する営業時間短縮要請および協力金の支給について

集中緊急対策により、県の要請に応じて、下記の全ての期間中、営業時間の短縮にご協力いただける対象事業者に対して、1店舗ごとに100万円の協力金が支給されます。

営業時間短縮要請期間

令和2年12月18日(金曜日)午後9時から令和3年1月11日(月曜日)午後12時まで

申請要件

  • 酒類の提供を行う飲食店(カラオケ店やライブハウスなどを含む)であること。
  • 岐阜県の営業時間短縮要請期間(令和2年12月18日(金曜日)午後9時から令和3年1月11日(月曜日)午後12時)において、営業時間の短縮要請に全面的にご協力いただいた事業者であること。
    (注)全面的とは上記期間の全てにおいて、要請地域内の対象店舗の営業時間の短縮にご協力いただくことを言います。なお、対象事業者が要請期間内において終日対象店舗を休業した場合も対象となります。
    (注)営業時間の短縮要請内容とは、午後9時から翌午前5時までの休業を要請することを言います。
  • 接待を伴う飲食店、カラオケ店およびライブハウスについては、感染防止対策マニュアルを作成・提出し、その確認を受けていること。
  • 暴力団、暴力団などの反社会的勢力に属する者および代表者または役員が暴力団員などとなっている法人ではないこと。また、暴力団員などが経営に事実上参画していないこと。

詳細は、岐阜県ホームページまたは以下の岐阜県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金(第2弾)専用相談窓口まで。

相談窓口電話番号(058-272-8192)

このページに関するお問い合わせ

経済部 商工課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

商工政策係 電話:0572-68-9805
企業誘致係 電話:0572-68-9805
観光交流係 電話:0572-68-9803