介護保険料の所得段階の見直しについて

ページ番号1006528  更新日 令和3年3月25日

印刷大きな文字で印刷

概要

このたび、介護保険法施行規則に改正により令和3年度から令和5年度までの保険料について、所得段階の対象者を以下のとおり見直しました。

 

見直しの内容

所得段階

年額保険料

変更前

変更後

(変更箇所は各段階を区分する

合計所得金額の基準)

第7段階

79,400円
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が120万円以上200万円未満の方
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が120万円以上210万円未満の方

第8段階

91,620円
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が200万円以上300万円未満の方
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が210万円以上320万円未満の方

第9段階

103,840円
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が300万円以上400万円未満の方
  • 本人が市民税課税
  • 合計所得金額が320万円以上400万円未満の方

 なお、介護保険料の所得段階や金額については、「介護保険料」をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

民生部 高齢福祉課
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

高齢者政策係 電話:0572-68-2117
介護保険係 電話:0572-68-2116
高齢者支援係 電話:0572-68-2117