大学・高等学校との域学連携について

2019年7月16日

市内各学校との連携協定

瑞浪市は、平成25年に中京学院大学と、平成28年に市内3高等学校と連携協定を締結しました。
本協定では、産業・文化・福祉・教育などの分野で相互に協力し、「若者や研究者の参加による地域の活性化」や「社会貢献を通じた優れた人材の育成」といった協働のまちづくりを推進しています。
各種市民活動団体やNPO法人などにおいて、若者と協働で「イベントを盛り上げたい」「商店街や観光の活性化を図りたい」といった、各学校との連携事業の実施を希望される場合は、市民協働課まで申請してください。

  学校名 締結日
大学 中京学院大学 平成25年6月20日
高校 瑞浪高等学校 平成28年3月7日
中京学院大学附属中京高等学校
麗澤瑞浪高等学校

 

連携事業の一部を紹介します

平成30年度に実施された事業の一部を紹介します。

事業名 主催者 事業の内容 連携先 事業実施の様子
環境フェアみずなみ2018 市環境課 ごみ問題や新エネ・省エネに関する展示や体験ブースを企画し、市民一人ひとりが生活環境地球環境に対して理解と関心を深め、環境にやさしい生活の実践を促します。 中京学院大学 (1)(2)(3)
認知症サポーター養成講座 市地域包括支援センター 認知症を正しく知り、その理解者・応援者となる「認知症サポーター」を増やし、認知症にやさしいまちづくりを進めていくことを目指した事業です。  中京学院大学

(1)

食育事業

(ウキウキ!食の探検隊 親子料理教室)

土岐地区まちづくり推進協議会 中京学院大学の公開講座に、土岐地区内の親子に対して参加を促し、食育を考える機会を提供します。 中京学院大学 (1)(2)(3)
瑞浪市主張大会 市社会教育課 瑞浪市主張大会において、大会運営(進行、審査補助)に加わってもらいます。高校生の元気な姿を市民に伝えると同時に、 高校生にとっても人の役に立つ喜びを体験してもらいます。  瑞浪高等学校 (1)(2)
みずなみオレンジシャルソン 市地域包括支援センター  「広がれ!認知症支援の輪」を合言葉に、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりの普及啓発を行います。 中京高等学校  (1)(2)
小里川クリーン大作戦 瑞浪市社会福祉協議会 稲津支部 「捨てない、汚さない」をテーマに、小里川沿い2.8kmを清掃します。   麗澤瑞浪高等学校 (1)(2)(3)

 

申請からの流れ

(1)事業実施計画書と事業内容の分かるチラシなどを市民協働課まで提出してください。
(2)提出された計画書等は、市民協働課を経由し、連携先の学校が実施の可否及び担当者を決定します。
(3)実施の可否等をお伝えしますので、事業の詳細について担当者間で打ち合わせて事業を実施してください。

(4)事業完了後、30日以内に事業実施報告書を市民協働課まで提出してください。

事業計画作成の留意点

連携事業を計画する際には、次のいずれかの基準に適合するものでなければなりませんので注意してください。
(1)大学における教育・研究の充実につながること
(2)教職員または学生の資質向上につながるもの
(3)大学の地域貢献に寄与するもの
(4)学生のボランティア精神を育成するもの 

事業実施計画書

実施計画書(19KB)

実施計画書記載例(21KB)

事業実績報告書

実施報告書(18KB)

実施報告書記載例(21KB)

お問い合わせ

市民協働課
電話:0572-68-9756