瑞浪市歴史資料集

2019年7月14日

 瑞浪市歴史資料集は、瑞浪市にかかわる歴史・民俗・文化財等の資料を公表するため、平成22年度から刊行している資料集です。
原稿は皆さまからの投稿によるもので、原稿は常時受け付けていますので、皆様からの投稿をお待ちしております(刊行は隔年です)。

名称発行年サイズ・頁頒布価格(円)送料(円)
2014092923077_2011.jpg
瑞浪市歴史資料集 第1集
2011 A4・134 (品切れ) -
2014092923077_2013.jpg
瑞浪市歴史資料集 第2集
2013 A4・154 (品切れ) -

瑞浪市歴史資料集 第3集
2015 A4・62 800 300

瑞浪市歴史資料集 第4集
2017 A4・110 800 300

瑞浪市歴史資料集 第5集
2019 A4・95 800 300

瑞浪市歴史資料集目次

瑞浪市歴史資料集 第1集

  • 瑞浪市の中世石塔 三宅 唯美 小野木 学 中嶌 茂 砂田 普司 竹谷 充生
  • 光善寺跡五輪塔群雑感 狭川 真一
  • 一日市場館跡の中世遺物 田中 俊輔

瑞浪市歴史資料集 第2集

  • 上平観音堂の金銅装笈について 久保 智康
  • 土岐市における近代の陶磁器生産について-各町の特産品生産の様相から- 中嶌 茂
  • 統制経済下における陶磁器製品製造、流通の一考察~いわゆる「統制番号」に関する検証~ 萩谷 茂行
  • 神箆城主延友氏関係文書の紹介とその動向 三宅 唯美

瑞浪市歴史資料集 第3集

  • 番号の付けられたやきもの~紀年銘のある製品と瑞浪の製品にみられる特徴~ 舟橋 健

瑞浪市歴史資料集 第4集

  • 陶磁器代用品の誕生と発展 萩谷 茂行

瑞浪市歴史資料集 第5集

  • 瑞浪市における明治の狛犬と瓦業について 遠藤 三知郎
  • 箱館焼再考~幕末の美濃窯・私領下の生産販売の一事例としての考察~ 春日 美海
  • 箱館焼の展開~三田家・西浦家文書を通して~ 小木曽 郁夫
  • 【史料】三田官兵衛・箱館焼関連文書翻刻

▲ページトップへ戻る