瑞浪市に移住された皆さまの声

子どものことをいちばんに
考えると、この場所でした。上野町在住 山路さんご家族

もともと瑞浪市の釜戸地区で生まれ育った山路さんは、実家の近くで家を建てようとした際、実家から少し離れた場所
を選びました。ちょうど長男の小学校入学を控え、大きな小学校があり、中学も高校も通いやすい市内の中心街に近い場所が子どもたちにとっては一番良いと考え、今のお住まいを建てられました。
山路さん一家は、以前は奥様のご実家のある揖斐川町に住まれていましたが、奥様含め家族全員がこの場所を大変気に入っているそうです。

奥様は瑞浪市に来て驚いたことがあるそうです。
それは、児童館や子育て支援センターが非常に多いこと。
また、それらの施設には栄養士の先生なども来て下さるそうで、曜日によっていろんな児童館や子育て支援センターに足を運ぶのが日課だそうです。
また、瑞浪市のサイエンスワールドにもよく家族で出かけられ、お子さんの理科への興味が高まることを楽しみにされています。

山路さん一家は、市外からの移住であったため、瑞浪市から移住奨励金を受け取られています。それは5 年間で総額50 万円分の商品券がもらえる瑞浪市独自の制度で、引っ越してきたばかりの頃は、受け取った商品券を持って市内のお店を散策されたことを楽しそうに思い出されていました。
山路さん一家は、子育て環境としては大満足の街と新しい家で、これからも家族みんなで笑顔の絶えない暮らしをしていきたい、と語ってくれました。