平成31年度岐阜大学医学部医学科推薦入試(地域枠推薦)のうち「地域医療コース」出願予定者が提出する市長推薦書の交付申請手続きについて

2018年11月5日

趣旨

岐阜県では県内の医師不足の地域に対して地域医療確保を図ることを目的に、将来県内の医療機関に勤務し、地域医療に貢献する意思のある医学生に対して修学資金の貸付を行っています。
平成31年度から「地域医療コース」が新設されます。瑞浪市は医師不足地域の対象となっており、岐阜県と共同してこの「地域医療コース」貸付事業を実施し地域医療の確保に努めていきます。

 貸付

  1. 貸付金額
    • 月10万円×12月×6年間=720万円
  2. 返還免除
    • 医師免許取得後、東濃圏域の臨床研修病院で初期臨床研修を修了し、引き続き岐阜県内の医療機関等で7年間従事し、少なくとも4年間を知事が指定する医療機関等(うち少なくとも2年以上は原則出身市町村、残りは出身圏域)で勤務するとこの修学資金の返還を免除されます。
地域医療コースの勤務要件
1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
出身圏域の臨床研修病院 知事指定医療機関等(4年) 県内いずれかの医療機関等(3年)
出身市町村又は圏域の医療機関等(4年)(注1)

(注1)少なくとも2年以上は瑞浪市、残りは東濃圏域で勤務すること。瑞浪市内の医療機関は、東濃厚生病院、大湫病院です。

推薦資格

対象者

岐阜大学医学部地域枠の出願資格であるという条件を満たした上で、平成31年度岐阜大学医学部医学科推薦入試(地域枠推薦)のうち「地域医療コース」に出願予定であり、かつ瑞浪市出身者(注2)であること
(注2)出願時に出願予定者が瑞浪市に居住しているか、または出願予定者を現に扶養している者が在学中3年間瑞浪市に居住している者となります。

推薦の方法

書類審査及び面接審査で推薦を決定します。

書類審査

 
必要書類 取得先 備考
推薦依頼書
様式第1号(93KB)
市のホームページまたは担当窓口(健康づくり課) 出願予定者の卒業高校等が記入、押印のこと
所定の欄には出願予定者及び扶養する者が別途署名すること
志願理由書
様式第2号(67KB)
市のホームページまたは担当窓口(健康づくり課) 出願予定者本人が手書きで記載のこと
調査票 卒業高校等 出願予定者の卒業高校等が作成したもの(注:提出先瑞浪市長宛てとし厳封したもの)
完納証明書 瑞浪市役所税務課税政係  出願予定者を現に扶養する者の完納証明書
窓口に来られる方の本人確認ができるものが必要
手数料:300円
問い合わせ先:0572-68-2111 (内線119・120・124)
  1. 書類受付期間
    • 平成30年11月5日(月曜日)から平成30年11月26日(月曜日)
  2. 提出方法
    • 書類の提出は卒業高校等が行ってください。必要書類は、担当窓口へ提出していただくか、郵送の場合は簡易書留でお願いします(郵送の場合、平成30年11月26日付の消印有効です)。
    • 郵送先 〒509-6195 岐阜県瑞浪市上平町1丁目1番地 瑞浪市役所健康づくり課

面接審査

12月中旬に面接を実施します。面接の日時等は書類受付時にご説明します。

推薦決定

書類審査及び面接審査により、12月末には推薦者を決定し、卒業高校等の長宛てに通知します。

お問い合わせ

健康づくり課
電話:0572-68-9785