歴史的価値のある建築物の活用方法および活用事業者の募集について

2018年5月2日

西森川家住宅(通称:西森)と旧小木曽家住宅(通称:米屋)の活用方法および活用事業者を募集しています。

現在、本市では、歴史的価値のある古民家の有効活用と、まち並み景観の維持を図って地域を活性化させるため、古民家再生促進モデルとなる建築物を選定し、ゲストハウス、飲食店、ギャラリー、ショップ、工房、交流施設、体験学習施設、創作活動施設、文化施設等に再生し、活用することを計画しています。観光振興と地域の賑わいに繋がるモデル建築物「西森川家住宅」と「旧小木曽家住宅」の活用方法の提案と、その提案を実施する活用事業者を広く募集します。

応募期間:7月31日(火曜日)17時まで

応募方法

  • 応募書類を市役所商工課まで、郵送または持参により提出してください。
  • 応募書類は、市役所商工課窓口または市ホームページから取得できます。
  • 詳しくは、市ホームページをご覧いただくか、市役所商工課までお問い合わせください。

現場見学会を下記の日程で行います。市役所商工課へ電話又はメールにて事前予約の上、物件内部を見学できます。

 1回目 平成30年5月27日(日曜日) 午後1時から
 2回目 平成30年6月24日(日曜日) 午後1時から
 いずれも大湫コミュニティーセンター前集合


応募・問合せ:商工課 電話番号:0572-68-9803 メールアドレス:shoko@city.mizunami.lg.jp

 

西森川家住宅とは

西森川家住宅(通称:西森)は、大湫宿の森川家「旧森川訓行家住宅(通称:丸森)」「旧森川善章家住宅(通称:新森)」の本家で、江戸時代の天保年間には名字帯刀を許された家柄です。
幕末からは大湫宿領主のひとつである千村家の御用商人として発展したとみられ、酒づくりや酒の販売を行うほか、塩の専売も行っていました。現在、母屋は取り壊されていますが、離れや複数の土蔵が残されており、往時の繁栄をうかがうことができます。
これらの建物は、幕末から明治、大正時代までに建てられたものとみられ、旧大湫宿の歴史的な景観を伝えています。

募集要項(西森)(580KB)
建物配置図及び写真(西森)(230KB)
位置図(西森)(291KB)
(様式1)エントリーシート(西森)PDF版(158KB)  (様式1)エントリーシート(西森)Word版(24KB)
(様式2)財務計画書PDF版(81KB)  (様式2)財務計画書Word版(20KB)
(様式3)質問書(26KB)


西森写真1

西森写真2 西森写真3

 

旧小木曽家住宅とは

旧小木曽家住宅(通称:米屋)は、大湫宿の本陣(旧大湫小学校跡地)に近接する場所に位置していることから、宿場の維持や経営に携わった役人の家柄と推測されます。明治末期から昭和初期の建築とみられ、道路との空間を確保し、塀を立てていることが特徴で、旅籠としてではなく通常の住宅としての機能を重視して建てられたことを示しており、大湫宿における住宅の歴史や変遷を示す貴重な建物です。

募集要項(米屋)(618KB)
建物配置図及び写真(米屋)(128KB)
位置図(米屋)(294KB)図面(米屋)(178KB)
(様式1)エントリーシート(米屋)PDF版(158KB)  (様式1)エントリーシート(米屋)Word版(24KB)
(様式2)財務計画書PDF版(81KB)  (様式2)財務計画書Word版(20KB)
(様式3)質問書(26KB)


米屋写真1

米屋写真2 米屋写真3


中山道大湫宿について

中山道大湫宿は往時の風景を今に残す観光名所です。平成29年1月から観光案内所がオープンしました。また、平成33年には古民家カフェがオープンする予定です。
中山道と大湫宿の概要(149KB)
大湫宿写真(269KB)
大湫宿位置図(774KB)

大湫宿写真(丸森) 大湫宿写真3 大湫宿写真(ドローン)

 

地図

募集物件位置図

お問い合わせ

商工課
電話:0572-68-9805