瑞浪恵那道路の全線事業化決定

2018年3月30日

本日、国土交通省から一般国道19号瑞浪恵那道路恵那工区延長4.3キロメートルについて、新規事業化されたと発表がありました。
今回の新規事業化により、瑞浪恵那道路は延長12.5キロメートル全線が事業化されました。平成29年12月の瑞浪工区着工式に続き、早期整備に向けて大きく前進したことを大変喜んでおります。
これまで瑞浪市は、恵那市、両市の商工会議所や地元自治会等で「瑞浪恵那道路整備促進協議会」を組織し、
関係国会議員や岐阜県、「国道19号瑞浪恵那道路促進議員連盟」と共に、瑞浪恵那道路の全線事業化、早期整備を強く要望してきました。
瑞浪市は、今後も、国や県、そして地元関係者とも、円滑な事業の進捗を図ることができるよう積極的に連携していきます。そして、2027年のリニア中央新幹線開業までに、
全線が開通されることを強く期待しております。

                                         瑞浪市長 水野 光二

お問い合わせ

都市計画課
電話:0572-68-9816