大湫宿旧森川訓行家住宅(丸森)情報

2017年4月26日

丸森外観

旧森川訓行家住宅とは

旧森川訓行家住宅は、中山道大湫宿の北部に位置し、一族の中でも各々を区別するために「丸森」と呼ばれ、旅籠屋の他に尾州藩の許可を得て塩の専売も行い、繁盛を極めたとされています。
建物は江戸時代末期の建築と推察され、江戸の町屋形式をそのまま有し、当時の旅籠・商家の雰囲気をよく残しています。昭和20年代まで住居として使用され、一部は現代様に改修されているものの、建物は建具類を含めてよく保存されています。
平成18年には国登録有形文化財に登録されました。平成26年に所有者から寄贈を受けたことから、大湫宿の観光の拠点となる施設へ整備することになりました。

概要

木造2階建、瓦葺、切妻造。延床面積226.07平方メートル、敷地面積421.70平方メートル

保全・活用へ向けた修復の過程

文化財としての価値を損なわないよう、専門家の監修の下、調査・設計(平成26年度~平成27年度)及び修復工事(平成27年度~平成28年度)を行い、平成28年11月に工事が完了しました。
工事は、建物自体の価値を鑑賞できるように、できるだけ多くの部屋を見学できるようにし、中庭も開放して、建物の全貌を眺められるように進められました。
寄付から約2年の歳月を経て、平成29年1月5日に瑞浪市中山道観光案内所「丸森」がオープンしました。

情報発信ブログ「中山道大湫宿丸森便り」

修復工事の様子やその過程で行われた現場見学会などの、丸森が復活するまでの歩みは下記のブログから確認できます。

ブログへのリンク(最新情報は、下記の大湫町コミュニティ推進協議会公式ホームページでご覧できます)

 中山道大湫宿丸森便り

瑞浪市観光案内所「丸森」の情報

丸森の情報や周辺地域の情報は、大湫町コミュニティ推進協議会公式ホームページから確認できます。

基本情報

  • 所在地 〒509-6471 岐阜県瑞浪市大湫町445-2
  • 開館時間 9時から17時まで(入館無料)
  • 休館日 12月28日から1月4日まで
  • 問合せ先 0572-63-2455 丸森(旧森川訓行家住宅)事務所

地図

建物所在地

お問い合わせ

商工課
観光交流係
電話:0572-68-9805