防災ラジオの無償貸与について

2015年10月20日

防災ラジオを全戸に無償で貸与します。

瑞浪市では防災情報を迅速かつ確実に伝えるため、「防災ラジオ」を無償で貸与します。 

防災ラジオ外観 

防災ラジオの機能

スイッチがオフの状態でも自動的に起動し、気象情報、地震に関する情報や市からの緊急情報を放送します。普段は、AM・FMラジオとしてご利用いただけますが、緊急放送が配信された場合は、割り込み放送を行います。聞き直し機能がありますので、最後に配信した緊急放送を繰り返し聞くことができます。

 

防災ラジオの使用方法

  • 付属の防災アンテナをラジオ本体に取り付けてください。(これを取り付けていないと緊急放送が受信できません)
  • ラジオの電源を切っていても、緊急情報の受信待機をしていますので、常にACアダプターを家庭用コンセントに差しておいてください。
  • 停電時用に乾電池(単三電池3本)も入れておいてください。
  • 防災ラジオは窓の近くに置いてください。 (パソコンやテレビなどの家電製品から離して置いてください。)

貸与の対象

市内に住所を有する世帯主(1世帯あたり1台)

受け取り方法

  • 自治体に加入している世帯・・・自治会を通じて配布します。(12月上旬から順次配布)
  • 自治会に加入していない世帯・・・生活安全課またはお住まいの地区のコミュニティーセンターに申し込みをして、受け取ってください。(申し込みは12月7日(月)から受け付けます。受付時間は平日8時30分から17時15分まで)

放送される情報

全国瞬時警報システム(J-ALERT)による緊急地震速報、国民保護情報などの緊急情報や市が発信する避難情報など、市民の皆さんの安全を守るための大切な情報です。また、防犯に関する情報なども放送します。

具体的な放送内容の例

国民保護情報(弾道ミサイル攻撃、ゲリラ、航空攻撃、大規模テロなど)
気象情報(特別警報、大雨警報、洪水警報、暴風警報など)
・土砂災害警戒情報 ・緊急地震速報 ・東海地震予知情報 ・避難情報
・火災情報 ・行方不明者情報 ・防犯に関する情報 ・停電情報 など

 防災ラジオに関するQ&A

Q:防災ラジオの使用にかかる費用は?

A:家庭用電源を使用しますので、電気料金と停電時用の乾電池代などが必要です。

Q:防災行政無線の戸別受信機を借りていますが、返却するのですか?

A:今回貸与する防災ラジオと併用していただけます。ただし、今後、戸別受信機の修理、交換、更新はしませんので、不要となった場合は、市役所またはお近くのコミュニティーセンターに返却してください。

Q:市外へ引っ越しする場合

A:市役所またはお近くのコミュニティーセンターに防災ラジオを返却してください。

Q:AM・FM放送が聞こえにくいのですが?

A:緊急放送は出力の強いポケベル波で放送するため、市内全域で聞くことができますが、AM・FM放送は通常のAM波・FM波での受信となりますので、入りにくい地域があります。

Q:故障した場合は?

A:瑞浪市電器商業組合加盟店にご連絡ください。(加盟店は防災ラジオ取扱説明書に記載)
(注1)通常の使用による故障については、無償で修理します。
(注2)故意または不注意による破損については、自己負担での修理となります。

広報みずなみ 防災ラジオ特集ページ掲載号(PDFで開きます 該当ページ:P2からP3)
防災ラジオ リーフレット1(176KB)
防災ラジオ リーフレット2(156KB)
防災ラジオ簡単取扱説明書(477KB)
オートチューニング機能(自動選局)説明(334KB)

お問い合わせ

生活安全課
電話:0572-68-9736