瑞浪市化石博物館ニュース(~2017.7)

2017年7月29日

瑞浪市化石博物館研究ニュース

その名は「ミズノテングエビ」~愛知県の師崎層群から見つかった新属新種のシンカイコシオリエビ化石~

2017年7月1日:34年前に見つかり、その正体がよくわからなかった化石がシンカイコシオリエビ科の新属新種であったことが明らかになりました。属名は、発見者の水野さんと甲羅が天狗に似ていることから、種名は発見者の牧口さんと今井さんから名づけました。論文は瑞浪市化石博物館研究報告に掲載され、「ミズノテングス・マキグチマイ」が正式に認定されました。学術的に重要と判断したため記者会見を行いました。当日は大勢の記者、テレビ局が訪れ、関心の高さがわかりました。この貴重な化石の一部を本日からレクチャールームで公開中です。ぜひご覧ください。

記者発表1記者発表2

<左>記者発表会場、今回は企画展示室で行いました。<右>発表の様子、化石を見せながらその特徴を説明しました。

記者発表3ミズノテングエビ

<左>発見者や研究をした方々。<右>展示の様子。

地元の学校がクジラ化石を見学

2017年5月18日:ニュースになったクジラ化石を地元の明世小学校の児童が見学されました。実物の化石を目の前にして皆さん大興奮!「どうやって運んだの?」「見つけた時はどんな気持ちだった?」など質問もたくさん飛び出しました。

明世小学校見学その1明世小学校見学その2

<左>常設展も見学し、地元の化石について知識を深めました。<右>クジラの化石について発見時の様子などを説明しました。

こいのぼり祭2017

2017年5月6日:毎年恒例の瑞浪市民公園こいのぼり祭2017が市民公園芝生広場で開催されました。今年の目玉は先日ニュースになったクジラの化石。特別に展示し、期間中は化石博物館入口でクリーニング実演を行いました。また、イベントも祭り感のある内容でした。初日はバサラ演舞、2日目はサイエンスアクロバットショー、そして3日は名古屋おもてなし武将隊の演武(+瑞浪の戦国史についても紹介していただきました)。3日間晴天で気温も高かったですが、大勢の方でにぎわいました。

クリーニング実演2クリーニング実演1
クリーニング実演の様子。主に背骨の骨のクリーニングを行いました。皆さん興味津々。質問もたくさんありました。

風船とばし瑞陵ジュニアブラスバンド
(左)風船飛ばし。青空に子供たちの思いを乗せた多くの風船が飛んでいきました。毎年恒例「瑞陵ジュニアブラスバンド」のダイナミックな演奏で盛り上がりました。

バサラバサラ1
バサラの演舞。市内各団体の演舞の後は参加者と一緒に総踊りも。最後は瑞浪Mioちゃんのテーマソングよさこいアレンジを皆で踊りました。

アクロバットショー武将隊
(左)2日目のサイエンスアクロバットショー。実験を交えた内容は子供たちに大人気!(右)ついに登場!名古屋おもてなし武将隊。

武将隊演武武将隊演武2
迫力満点の演武に会場内の皆さんも大興奮!

クジラの化石を発見!!

2017年4月29日:化石博物館の東1キロメートル程の位置で工事が進んでいる瑞浪北中学校の現場からクジラの化石が発見されました。研究中ですが、速報性があるため4月28日に記者会見を行いました。また、化石の一部を29日からレクチャールームで公開中です。下顎や耳骨など貴重な化石も展示しています。ぜひご覧ください。

記者会見1記者会見2
記者発表の様子、多くのメディアが集まりました。

イガイ化石クジラ化石1
(左)2016年10月に発見したイガイ類の化石も展示しています。(右)12月に見つかったクジラ化石。大きな岩についている様子は壮観です。

クジラ化石2クジラ化石3
(左)下顎と耳骨。貴重な化石も公開中です。(右)椎骨(背骨)、首や胸の部分の背骨です。つながっている様子は見事です。

展示室に図書コーナーが登場

2017年4月22日:来館者の希望が高かった図書コーナーを展示室に新設しました。専門書から図鑑、古生物のイラスト本までどなたでも楽しめる本がたくさんあります。休憩コーナーとしてもご利用できます。見学の際にはぜひご活用ください。

図書コーナー.JPG

新しいグッズ、メノウキーホルダーが登場

2017年1月9日:ミュージアムショップコーナーに「天然メノウキーホルダー」が登場。1個400円で販売開始しました。表面には瑞浪市を代表する化石であるビカリアと月のおさがりが彫刻されており、おしゃれなアクセサリーとしても楽しめます。

メノウキーホルダー1メノウキーホルダー2

市内の中学校工事現場から化石が産出。調査を行い、結果を展示開始。

2016年12月24日:本年6月から始まった(仮称)みずなみ北中学校の敷地造成工事現場から化石を多く含む地層が発見されました。化石博物館では、10月から12月にかけて名古屋大学などと共同で調査を行い、イガイ類など多くの化石を採集しました。採集した化石は、順次クリーニングを行い、鑑定、研究をしていますが、速報として博物館のレクチャールームの一角で展示を始めました。

化石調査の様子共同調査の様子
(左)化石密集層を観察するため刷毛で表面をきれいにします。(右)各研究機関の方と共同調査の様子。

化石採集の様子クリーニングの様子
(左)化石採集の様子。(右)クリーニングの様子。化石を覆っている岩石をドリルを使ってはがしていきます。

11月26日工事現場見学会特別展示会場
(左)11月26日には市民を対象とした現地見学会と化石採集体験を行いました。(右)12月16日から開催している展示会会場。会場は、受付前のレクチャールームです。

イガイ類展示の様子イワムラニシキ展示の様子
(左)見つかったイガイ類。二枚の殻が合わさった状態で密集して見つかりました。生きていた状態に近いと考えられます。(右)イワムラニシキ。現場からは、イガイやニシキガイのような岩場に生息する種類の貝が多く見つかりました。なお、工事が進み、化石包有層は掘削されました。見つかった化石は博物館に収蔵され、今後は展示会や研究などに活用されます。

特別展が始まりました。

2016年7月20日:本日から特別展「ビカリアとみずなみの化石たち」が始まりました。特別展は入館チケット(一般200円、高校生以下無料)があれば見ることができます。また、展示室の地図模型のボタンが直りました。

大型連休中はイベントなどで市民公園がにぎわいました

2016年5月8日:5月3日から5日まで市民公園で「こいのぼり祭」が開催されました。風船飛ばしやキャラクターショウなどでにぎわいました。化石博物館も多くの来館者が訪れ、野外学習地も大勢の人が化石採集を行いました。

koinobori.jpgkoinobori2.jpg
(左)こいのぼり祭、風船飛ばしの様子。(右)野外学習地では、立派なエグレギウスホタテを採集された子がいました。

化石のトンネルが一新!!

2016年4月23日:保守・点検・改装のため閉鎖していました化石のトンネルですが、このたび工事が終了したため4月23日より一般公開を始めました。ライトがLEDになり明るくなりました。また、トンネル内の地層を洗浄したため、天井の貝化石がこれまで以上にはっきり見えるようになりました。まるで1700万年前の海底にいる気分になるでしょう。化石が地層の中にどのように入っているかを観察することができますので、ぜひ化石採集をされる前にご利用いただければと思います。トンネル内の床は濡れていますので歩くときは気を付けましょう。

tikagohp1.jpgtikagohp2.jpg
左、これまでよりも明るくなった通路。右、貝化石もはっきり見えます。

展示室のパソコン、ゲームが一新!!

2016年3月29日:展示室のパソコンが一新しました。合わせて、ゲームも新しくなりました。化石発掘ゲームはリニューアル、発掘できる古生物も「デスモスチルス」「ヴェロキラプトル」「ビカリア」の3種類になりました。どれも岐阜県や瑞浪市にゆかりのある古生物です。内容もやや難しくなりましたが、よりやりがいのある内容になりました。うまく発掘できると3種類の3Dモデルを操作することができます。また、新たにクイズも導入しました。こちらは、初級と上級があり、みずなみの化石や古生物に関する問題が出題します。易しい問題から大学レベルの問題までランダムに出題されます。

pcgame01.jpgpcgame02.jpg
大人の方も夢中になってクイズに挑戦していました。化石発掘ゲームは慎重にやらないとゲームオーバーになるためみな真剣なまなざしで操作しています。

みずなみ化石&博物館ガイド(化石博物館発行の新化石図鑑)が登場!!

2016年3月25日:化石博物館が独自に制作した「みずなみ化石&博物館ガイド」が化石博物館受付にて販売開始しました。フルカラー32ページで500円です。博物館ガイドとありますが、瑞浪の化石を中心にした地域の自然史を展示とともに紹介した内容であり、後半には瑞浪市から見つかる化石の図鑑もあります。上級向けの内容も随所にあり、初心者から上級者まで楽しめる内容です。自由研究などのよい資料にもなるでしょう。ぜひ来館の際には手に取っていただければと思います(通販は受け付けていませんのでご了承ください)。

guide02.jpgguide01.jpg
(左)表紙、(右)販売はミュージアムショップで取り扱っています。他に瑞浪市化石博物館専報(学術書)も取り扱っています。

guide03.jpgguide04.jpg
内容の一部を紹介。ビカリアに関する専門的な話や月のおさがりの民話など自然科学だけでなく郷土の歴史についても解説。化石図鑑はフルカラーでビジュアルで瑞浪の化石を楽しむことができます。

今春、化石博物館所蔵の標本がいろいろな特別展で展示されます。

2016年3月8日:神戸市立須磨水族園、名古屋市科学館が標本を借りに来ました。須磨水族園は、特別展「カニ研究クラブ」で展示するカニ化石を、名古屋市科学館は「恐竜・化石研究所」で展示するビカリアなどを借りて行きました。どちらも3月中旬から開催予定です。お近くの方はぜひ足をお運びください。

suma2.jpgsuma1.jpg
須磨水族園への貸し出しの様子、化石がたくさんあるので選ぶのも大変なようです。海外産のものも含めカニの化石をたくさん借りて行きました。

nagokaga1.jpgnagokaga2.jpg
名古屋市科学館への貸し出しの様子。物々しい様子ですが、壊れやすい化石が多いため、ビカリアなども矢印のように厳重に梱包されました。メインは恐竜ですが、恐竜たちにも負けないくらいの貴重な化石がたくさん会場に並びます。期間中には瑞浪産化石のクリーニング実演もあり、化石博物館の学芸員も会場にいるかも?

お問い合わせ

スポーツ文化課
電話:0572-68-7710