展覧会図録

2017年7月19日

図録

当館が実施する展覧会に伴う図録です。毎年度1冊の刊行を行っており、展示資料の写真のほか、展示資料や歴史背景等の解説が掲載されています。

図録一覧(書籍画像をクリックすると拡大されます)
名称発行年サイズ・頁頒布価格(円)送料(円)概要

幕末・明治の窯業
1981 B5・47頁 (品切れ) - 幕末から明治時代に東濃地方で生産された製品と技法等の変遷を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

大正・昭和の窯業
1982 B5・54頁 (品切れ) - 大正から昭和(戦前)時代に東濃地方で生産された製品と技法等の変遷を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の輸出陶磁器
1983 B5・52頁 1,000 300 明治から昭和時代にかけての東濃地方で生産された輸出陶磁器とその変遷を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

鶴ヶ城&沓掛城
1984 B5・63頁 (品切れ) - 瑞浪市の鶴ヶ城と豊明市の沓掛城の出土遺物を掲載、また発掘調査と文献からも両城域を比較
写真図版:カラー・モノクロ

戦時下の陶磁器代用品
1985 B5・47頁 (品切れ) - 第2次大戦中に東濃・瀬戸地方で製造された陶製の軍需製品や代用品などを掲載
写真図版:カラー・モノクロ

ふるさとの古墳文化
1986 B5・37頁 1,000 215 美濃地方と瑞浪市の主要古墳を集成し、その解説と出土遺物を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

東海の形象はにわ展
1987 B5・40頁 1,000 215 東海地方(愛知・岐阜・静岡県)で出土した形象埴輪と古墳の概要を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

大川古窯展
1988 B5・41頁 1,000 215 桃山から江戸時代(16~17世紀)に操業した、陶町の大川古窯(大川東窯跡)の出土遺物とその概要を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

庄内川流域の古代文化
1990 B5・43頁 1,000 215 庄内川(土岐川)流域における主要遺跡(旧石器~鎌倉時代)とその出土遺物を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

荻之島焼
1991 B5・41頁 1,000 215 幕末~明治に釜戸町で生産された「荻之島焼」、また足立岩次の業績や函館焼との関連について掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の水指
1992 B5・44頁 1,000 215 江戸時代(16世紀から18世紀)に東濃地方で生産された水指とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

みののとっくり
1993 B5・25頁 (品切れ) - 江戸時代(17から19世紀)に東濃地方で生産された徳利とその概要を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の碗
1994 B5・32頁 1,000 215 主に桃山から江戸時代(16から19世紀)に東濃地方で生産された碗類とその変遷・解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の花瓶
1995 B5・31頁 1,000 215 主に桃山から江戸時代(16世紀から19世紀)に東濃地方で生産された花瓶とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の向付・鉢
1996 B5・36頁 1,000 215 主に桃山から江戸時代(16から17世紀)に東濃地方で生産された向付・鉢とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の皿
1997 B5・47頁 1,000 300 主に平安から江戸時代(9世紀から18世紀)に東濃地方で生産された坏、皿類とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の壺
1998 B5・35頁 1,000 215 平安から江戸時代(10世紀から19世紀)に東濃地方で生産された壺類とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の小壺
1999 B5・51頁 1,000 300 平安から江戸時代(11世紀から19世紀)に東濃地方で生産された小壺、茶入、小瓶とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の陶硯と水滴
2000 B5・61頁 1,000 300 奈良から江戸時代(8世紀から19世紀)にかけて東濃地方で生産された陶硯・水滴とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

美濃の香炉
2001 B5・53頁 1,000 215 室町から江戸時代(15世紀から19世紀)に東濃地方で生産された香炉とその解説を掲載
写真図版:カラー・モノクロ

古陶は語る
2002 B5・57頁 1,000 215 桃山から江戸時代(16世紀から17世紀)に東濃で生産された「美濃桃山陶」とその解説を掲載
写真図版:カラー

郷愁のウィローパターン
2002 A4・12頁 (品切れ) 140 近代の代表的デザインであるウィローパターン(楼閣山水文)製品とそれにかかわる物語を掲載
写真図版:カラー

美濃の鉢
2003 A4・45頁 1,500 300 室町から江戸時代(15世紀から17世紀)に東濃地方で生産された鉢類とその変遷、解説を掲載
写真図版:カラー

狛犬
2004 A4・42頁 (品切れ) - 室町から江戸時代(16世紀から19世紀)に東濃地方で生産された陶製狛犬とその解説を掲載
写真図版:カラー

美濃 近代窯業の記憶
2005 A4・67頁 (品切れ) - 幕末から明治時代に東濃地方で生産された製品、生産技術の変遷や窯業界の動向を掲載
写真図版:カラー

美濃 陶磁の意匠
2006 A4・33頁 1,000 215 戦後の美濃焼を代表するデザイナー安藤知山、日根野作三、沢田痴陶人による製品、活動等を掲載
写真図版:カラー

東美濃の土人形
2007 A4・37頁 (品切れ) - 明治から昭和時代に東濃地方で生産された土人形とその制作技法などを掲載
写真図版:カラー

山五陶業略史
2008 A4・45頁 (品切れ) - 明治5年に陶町で創業した山五陶業(山五製陶所)の歴史と洋食器を中心とする製品を掲載
写真図版:カラー

山五陶業の技術に迫る
2009 A4・47頁 (品切れ) - 山五陶業(山五製陶所)の製品により、近代洋食器の生産技術の概要とその変遷を掲載
写真図版:カラー

金中製陶所略史
2010 A4・49頁 1,000 300 明治18年に陶町で創業した金中製陶所の歴史と洋食器を中心とする製品を掲載
写真図版:カラー

番号の付されたやきもの
2012 A4・48頁 1,000 300 第二次大戦中に瑞浪市域で生産された製品と製造メーカーの一覧等を掲載
写真図版:カラー

櫻堂薬師1200年展
2012 A4・70頁 1,500 300 瑞浪市土岐町に所在する古刹「櫻堂薬師」関連文化財と笹山遺跡(桜堂経塚)出土品等を掲載
写真図版:カラー

市原土人形の系譜
2013 A4・59頁 1,500 300 瑞浪市無形文化財「市原土人形」保持者であった後藤久美氏の作品・土人形型等の諸資料を掲載
写真図版:カラー

瑞浪ゆかりの無形文化財
2015 A4・41頁 (品切れ) - 瑞浪市出身の人間国宝、瑞浪市指定無形文化財保持者の作品38点(瑞浪市所蔵品)等を掲載
写真図版:カラー

人間国宝 加藤孝造展
2016 A4変形・94頁 2,000 350 瑞浪市出身の人間国宝である加藤孝造氏から寄贈された瀬戸黒、志野、絵画作品等73点を掲載
写真図版:カラー

▲ページトップへ戻る