瑞浪市陶磁資料館

2017年9月24日

≪お知らせ≫

≪平成29年10月11日≫
特別展「人間国宝 加藤孝造 陶・画の世界」の展示作品の入れ替えを行いました(後期展が始まりました)。皆さまのご来館をお待ちしております。

≪平成28年3月3日≫
瑞浪市陶磁資料館が所蔵する陶磁器の生産用具と製品が「美濃の陶磁器生産用具及び製品」として、平成28年3月2日付けで国の登録有形民俗文化財に登録されました。

陶磁資料館紹介

瑞浪市陶磁資料館は、美濃桃山陶をはじめとする古代から現代までの美濃焼、明治時代以降に使われた陶磁器の生産用具や機械などを展示して、美濃焼1300年の歴史をご紹介するとともに、「焼き物ってどうやって作るの?」、「陶器と磁器ってどこが違うの?」、「焼き物の模様ってどうやって付けるの?」などの疑問にお答えする博物館です。
また、年に数回の企画展や特別展、作陶・絵付けなどの体験教室を開催して、奥深い美濃焼の魅力や技術についてもご紹介しています(展覧会、体験教室の内容等については行事案内をご覧いただくか、資料館までお問合せください)。
さらに、平成28年11月には瑞浪市出身の人間国宝(重要無形文化財「瀬戸黒」保持者)加藤孝造氏の作品をご覧いただくために「加藤孝造展示室」を開設し、瀬戸黒、志野等の茶陶を中心とする陶芸作品を常時展示しています。

1    

  美濃セラミックミュージアムガイド
 ↑クリックすると詳細が表示されます
 ≪セラミックミュージアムをお得にめぐることができます≫

 
    ≪別ウィンドウで開きます≫

メニュー 

展覧会

特別展「人間国宝 加藤孝造 陶・画の世界」(開催中!)
クリックすると詳細が表示されます

クリックすると拡大画像が表示されます

体験教室

≪来年の干支づくり「戌」≫

日 時 10月15日(日曜日) 9時から
講 師 伊村徳子さん
対 象 中学生以上(小学生は要保護者同伴)
定 員 20名(先着順)
参加料 1,500円
申込み 10月8日までに電話、メールにてお申込みください。
    (注1)メールの場合、氏名、連絡先をご記入ください。
    (注2)メールの場合、参加の可否については後日連絡します。
備 考 作品は後日焼成してお渡しします(約1カ月後)。
    所要時間は2時間程度です。
    タオル、エプロンなどをご準備ください。

お問合せ先

陶磁資料館周辺の地図

住所 〒509-6132 瑞浪市明世町山野内1-6
電話 0572-67-2506
FAX 0572-66-1083
mail m-touji@titan.ocn.ne.jp