瑞浪市化石博物館野外学習地

2017年3月19日

野外学習地の利用は、基本的に博物館見学後におすすめしています。
学校団体は特に博物館見学と合わせてご利用いただきますようお願いします。

野外学習地

化石の採集体験

博物館から少し離れた土岐川の川原には、1700万年前の貝や植物などの化石を含む地層がみられます。この野外学習地では、地層の観察や化石の採集体験が可能です。特に小中学校の校外学習や親子での体験学習の場として利用されています。


野外学習地利用にあたっての事前注意事項

  1. 利用される当日に博物館の受付で届出をしてください。
  2. 届出受理後、立入証を発行します。立入証は携帯し、必要に応じて提示できるようにしてください。利用が終わったら、博物館受付に返却してください。
  3. 博物館の休館日(月曜日、月曜日が祝祭日の場合は火曜日、祝祭日の翌日、年末年始)には利用できません。利用時間は9時~17時です。
  4. 雨天時や土岐川増水時には、博物館の開館日でも利用できない場合があります(晴天の場合でも河川のため増水による利用不可の場合があります)。
  5. 化石採集に必要な道具(ハンマー(かなづち)とタガネ)はご持参ください(採集道具の貸し出しは行っていません)。
  6. 採集の際、手や目をけがすることもあるのでご注意してください(軍手や目を守るメガネを用意しましょう)。
  7. 野外のため、ハチなどの虫類に遭遇する場合があります、やぶなどにむやみに入らず、また長袖や長ズボンの着用を心がけましょう。
  8. 体験学習のために利用を許可しています。大ハンマー、ツルハシ、バール等で大量に岩石を割ったり、大量に岩石化石を持ち帰らないでください

野外学習地利用時の服装や道具

野外学習地利用時の服装、道具