瑞浪市化石博物館

2016年6月23日

化石博物館紹介English

瑞浪市化石博物館は、1974年に開館した全国でも珍しい化石専門の博物館です。瑞浪市とその周辺には、今から2000万~1500万年前の新生代中新世(しんせいだいちゅうしんせい)(Miocene(マイオシーン))の湖や海でできた地層が広く分布しています。この地層は瑞浪層群と呼ばれ、そこからは当時生息していた貝・魚・ほ乳類・植物などおよそ1500種類におよぶ化石が産出します。

化石博物館には、中央自動車道工事の際に採集された化石や市内各所から採集された化石をはじめ25万点以上もの化石が保管されています。館内では、約3000点の化石を展示紹介しています。これらの化石たちは、瑞浪が湖や海だった頃の様子を私たちに教えてくれます。

top (1).JPG top (3).JPG top (4).JPG top (5).JPG 

みずなみ化石教室の申し込み開始は開催日の1か月前です。申し込みは家族単位(または個人)で受け付けます。団体での受け付けは行っていません。

イベント申し込み状況(6月17日、18時現在):みずなみ化石教室7月17日開催分。一日コース:定員に達しました、半日コース:定員に達しました

新着情報

2016年6月23日

7月と8月に開催する「化石マイスター養成教室」について詳細をアップしました。ワークショップページからご覧いただけます。7月開催分の申し込みは7月1日からです。

2016年6月3日

5月29日に開催される「恐竜の模型を作ろう」は終了しました。教室の様子は、イベント報告ページからご覧いただけます。

2016年4月23日
化石のトンネルについて

設備の動作不良により閉鎖していました化石のトンネルが、見学できるようになりました。ご理解、ご協力いただきありがとうございました。

2016年4月7日
みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアムでミュージアムグッズをテーマにした特別展が開催されます。当館もオリジナルグッズを貸し出しています。特別展のウェブサイト

2016年3月27日
みずなみ化石&博物館ガイドを発売開始!詳しくは化石博物館ニュースをご覧ください。
化石博物館研究報告第42号を公開しました。PDFでご覧いただけます。本年から日本語の概要ページをアップします。読みやすい内容ですので、ぜひご覧ください。

2016年3月8日
化石博物館ニュースを更新しました。今年の3月~6月はいろいろな博物館で化石博物館所蔵の貴重な化石が展示されます。

2016年3月6日
2016年度「みずなみ化石教室」の日程、教室の内容を公開しました。来年度から「上級コース」が新たに加わります。

 

<お知らせ>
瑞浪Mioちゃんとデスモが化石博物館を紹介するアニメーションの改装版を公開しました。Youtubeのページからご覧ください(外部サイトに移動します)

<重要>
講座の申し込みについて、参加について、注意事項を更新しました。イベント申し込みページみずなみ化石教室のページをご覧ください。

メニューmio_hotate_01.jpg

上級者向きコンテンツ 

データベース

瑞浪層群産化石をはじめとする博物館収蔵化石の一部を公開しています。ページは別ウインドウで開きます。

出版物

化石博物館では、毎年古生物の分類や古環境に関する論文集を出版しています。

お問合せ先

瑞浪市化石博物館の周辺地図

詳細
住所 〒509-6132 瑞浪市明世町山野内1-47
電話 0572-68-7710
FAX 0572-66-1122
MAIL kaseki@city.mizunami.lg.jp