30歳代健診

2017年3月31日

30歳代の方に、生活習慣病予防のための健康診査を実施します。
生活習慣改善は、早期に取り組むことが重要です。

日程
月日曜日
平成29年 6月9日 金曜日
6月11日 日曜日
6月12日 月曜日
6月17日 土曜日

時間

8時30分から11時
(注)定員がありますので、申し込み時に受付時間を調整させていただきます

場所

保健センター

対象者

昭和53年4月1日から昭和63年3月31日生まれの方

内容

身体計測・血圧測定・尿検査
血液検査(脂質、肝機能、腎機能、尿酸、血糖、貧血)
(注)希望者にピロリ菌検査を同時に実施します(今までに受けたことがある方は受けられません。問診により検査をお断りする場合はあります。)
(注)希望者に歯周病検診を同時に実施します

料金

個人負担500円
(注)ピロリ菌検査も同時に実施する場合は、別途500円。

申し込み

電話等で健康づくり課(68-9785)へ

ピロリ菌抗体値検査について

ピロリ菌抗体検査を申し込まれる前に、以下の注意点を必ずお読みください。

瑞浪市が実施するピロリ菌抗体値検査について

  • この検査は胃がん検診ではありません。胃の病気と関連の高いと言われるピロリ菌に感染しているか否かの検査になります。
  • この検査は、血液中のピロリ菌抗体値のみを測定するもので、画像診断や複数の検査の組み合わせがないことから、胃の病変(胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、ポリープ等)の有無はわかりません。
  • 検査を受診され、ピロリ菌がいる(陽性)、ピロリ菌がいる可能性がある(偽陰性)場合は、医療機関にて治療、またはさらに詳しい検査を受けてください。

検査をする際の確認事項について

以下の項目は正確な検査結果を出すために健診当日に確認させていただきます。
いずれかの項目に該当する場合は健診当日にお断りする場合があります。予めご承知おきください。
ご不明な点は、健康づくり課までお問い合わせください。

確認事項
 確認項目確認させていただく理由
1 過去にピロリ菌検査を受けたことがあり、ピロリ菌除菌治療を受けたことがある。 ピロリ菌の有無の判断が、この検査のみではできません。
気になることがある場合は治療した医療機関へご相談ください。
2 胃を切除している。 治療の段階で詳細な検査を行っていると思われますので、かかりつけ医(治療した医療機関)にご相談ください。
3 食道・胃・十二指腸の病気で、治療中(中断含む)または定期受診している。
4 胃酸をおさえる薬(病院処方薬)を2週間以内に定期的に服用している。(例:タケプロン、パリエット、オメプラール、ネキシウム) ピロリ菌の感染力が一時的に抑えられている可能性があるため、正確な検査結果が出ません。
5 抗生剤(病院処方薬)を2週間以内に定期的に服用している。
6 腎臓の機能が悪いと言われ、医療機関で治療中または定期受診をしている。 ピロリ菌に感染していなくても陽性となってしまうことがあります。かかりつけ医へご相談ください。
7 上部消化器に症状(胃痛、胃もたれ、胃部膨満感、胸焼け、吐き気、食欲不振等)がある。 すでに症状がある場合は、医療機関でご相談ください。
8 明治ヨーグルト(LG21)を週1回以上定期的に摂取している。 LG21はピロリ菌の増殖を抑える作用があるので、正確な検査結果がでません。

お問い合わせ

健康づくり課
電話:0572-68-9785