信光寺石幢

2017年7月17日

戻る

信光寺石幢(しんこうじせきどう)

信光寺石幢の写真
信光寺石幢について
指定番号 瑞有30
指定年月日 昭和58年1月21日
指定の別 市指定文化財
種別 有形文化財
類別 石造物
時代・年代 寛文2年(1662)
員数他 1基
所在地 土岐町2325番地の1
所有者・管理者又は技術保持者 信光寺

石幢(せきどう)は中国から伝えられた石塔で、単制と複制のふたつの形状があります。単制は多角形の柱(幢身)に笠を載せる簡素な形状、複制は多角形の幢身を立て、その上に龕部・笠などを載せる、灯篭に似た形状です。日本においては鎌倉時代から造立され、室町時代からは六地蔵信仰と結びついて、六地蔵を彫刻する石幢が多く造られました(六地蔵とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上という六道(6種の世界)で、衆生を救済する6体の地蔵菩薩です)。

瑞浪市土岐町の信光寺境内に立てられているこの石幢は、高さ約230cm、花崗岩を用いた複制の石幢で、六角形の龕部の各面には1体の地蔵菩薩が浮き彫りされています。かつて墓地の入口に立てられていたものを境内に移動したといわれることから、死者の供養や慰霊のために造立したものとみられ、当時の六地蔵信仰の浸透を示しています。また、柱(幢身)の部分に彫られた「寛文貮天」の文字から、寛文2年(1662)の造立であることが知られます。

なお信光寺は、山号を瑞巌山、寺号を信光寺といい、永禄年間(1558年~1570年)創建あるいは再興と伝えられる臨済宗妙心寺派の寺院です。